脂質異常症(高脂血症)に自覚症状や他覚症状はありますか?

脂質異常症(高脂血症)に自覚症状や他覚症状はありますか?

脂質異常症(高脂血症),症状,自覚症状

血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールが高い値となったり、善玉コレステロールが低い値になることを脂質異常症(高脂血症)と呼んでいます。

 

厳密には、善玉コレステロールが低い時に高脂血症と呼ぶのはおかしいという事が言われています。近年は高すぎても低すぎても適切な呼び名と言う事で、脂質異常症という言い方の方がよく使われています。

 

では、脂質異常症(高脂血症)と言われた場合、自覚症状はあるのでしょうか?

脂質異常症(高脂血症)の自覚症状とは

脂質異常症(高脂血症),症状,自覚症状

一般的には、中性脂肪や悪玉コレステロールの値が少々高くても、どこかが痛むとか吐き気がするなどの症状は特にありません。
肥満している人の場合は、肥満のために息切れがしやすいなどの症状はあり得ますが、脂質異常症(高脂血症)に特有の症状と言うものはありません。

 

しかし、脂質異常症(高脂血症)が進行して動脈硬化になった場合は、動脈硬化による症状が出ることがあります。

  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 大動脈解離
  • 大動脈瘤

など、いずれも命に関わります。
中性脂肪が非常に高くなると、膵炎となり腹部に激痛が起きます。

どうやって発見するの?

脂質異常症(高脂血症),症状,自覚症状

このように、軽度の場合は自覚症状がなく、進行して症状が出た時には命に関わるような疾患だという点が、この病気の侮れない点です。

 

また自分で気づくことができる症状として、中性脂肪が非常に高い場合は、ニキビのような黄褐色の小さな丘疹(少し盛り上がった湿疹)がお尻や太ももの裏面、肘、膝、首の後ろなどにできることがあります。

 

40歳以降の場合、健康診断で脂質異常症を指摘される人は、非常に多いです。
「なんだお前もか」と、周りもみんな脂質異常症だったというケースもあります。

 

そのため、「これくらいは誰にでもある事」と侮ってしまいがちです。
そういう方は精密検査を受けずに放置し、重篤な状態になっていたという人も少なくありません。
しかし、脂質異常症は決して侮ってはいけない疾患です。

 

>>成分&効果&コスト考慮した脂質異常症改善サプリランキングはこちらから<<